災害時の燃料はどうする?自社で保管するの?

専門の業者に燃料をストックしてもらう

会社などでは、燃料を使って物を生産したり運営を行う場合があります。直接燃料を燃やして使うこともあれば、燃料を用いて自家発電を行い、安定的に生産できる体制を確保している場合もあります。ただし、災害の時には、燃料の確保がうまくできないことがあります。BCP対策として燃料を自社内で確保する方法もありますが、スペースの問題や危険性が心配されます。燃料を扱う専門業者に専用のタンクを設置してもらい、保管してもらえる場合があります。

災害時にも自動車で燃料を配送

日常的に得ることが出来る燃料としてはガスがあります。ガス管は日本中に設置されていますから、わざわざ配達してもらう必要はありません。ただし、石油となると通常は購入して自分で運んだりする必要があります。災害などが起きた時、ガスの場合は供給がストップすることもあるので、利用できないこともあります。BCP対策として、業者に自動車で配送してもらえる場合があります。燃料タンクを積んだ自動車を保有する会社に依頼をします。

備蓄タンクは地下に埋めるようにする

工場をせっちするとき、川沿い、海沿いに設置する場合があります。これにより、冷却用の水などを確保することが出来ます。日頃は都合の良い川や海ですが、地震が起きれば津波の危険があります。災害時に備えて備蓄タンクを設置することがありますが、この時には地下に埋めるタイプが良いかもしれません。地上は設置はしやすいですが、津波が来た時に流されてしまう危険があるからです。地下に設置しておけば、流されることはありません。

BCP対策とは、企業が予期せぬ大災害(大津波や地震など)の被害を受けてしまった場合を想定した包括的計画のことです。我が国においても、その重要性が認知され始め、多くの企業が策定を急いでいます。