ゴルゴ線が目立ってきたかも!こんな時はどうしたら…

人相が怖く見える!?

ゴルゴ線とは、加齢によって出てくる頬の深いしわのこと。両方の頬に出るので、顔の真ん中に八の字ができたように見えます。漫画のキャラクターからこの名称がつけられました。周りに「この人も年を取ったな」と思われやすいですし、人相もきつくなってしまいます。男性女性を問わずゴルゴラインが出るのが嫌な人って多いと思いますよ。でも、ゴルゴ線も手術や注射で消すことができるので、どうしても気になる場合は治療してもらっては?

注射でゴルゴ線を消す

顔にゴルゴ線が出来てしまうのは、靭帯が緩んでしまうからです。ゴルゴ線が出る人の多くは老化で靭帯が緩むからなのですが、若い人でも靭帯が緩めばゴルゴ線は出ている人もいるんですよね。手術が嫌な人は、注射でたるんでしまった靭帯と周辺の組織を本来のポジションに引き上げることで戻りますよ!アンチエイジング治療に必須のヒアルロン酸や、これよりも少し硬いレディエッセなどを注入してもらってくださいね。最近流行の成長因子を入れるのもあり!

注射以外の方法は…?

注射では治療できないほど進んだゴルゴ線は、手術で治すことになります。目の下の膨らんだ部分を引っ張り上げることで、ゴルゴラインを解消しつつ顔のたるみを治します。皮膚を引っ張るには糸を使ってリフトアップするか、手術等を選択することになります。どの方法を取るかは医師とよく相談して決めて下さいね。リフトアップに使われる糸も一つではありませんし、アンチエイジング効果を引き出しつつダウンタイムの少ない方法を見つけてもらいましょう。

処女膜の再生は美容整形外科などで行う事が出来ます。入院の必要なども無いので気軽に利用する事が出来ます。