誰にも言えない男の悩み!包茎の種類と治療

日本人男性の70%は包茎!

男の自信に深刻な陰を落とす問題、それが包茎です。外観上の問題に限っては、服を着ていれば誰にもばれません。しかし衛生上、身体上、性交上いろいろな問題を引き起こし、温泉など人前で裸になれない、女性に対して積極的になれないなど精神的にも負担になりますよね。子供の頃はみんな亀頭が包皮に隠れているので心配いりません。それが学童期からしだいに剥け始めるのです。しかし体が大人になっても包皮をかぶったままの人は包茎の可能性が高いかもしれませんよ。包茎の種類は、仮性包茎、真性包茎、嵌頓包茎の3つです。

治療が必要なのはどの包茎?

まず仮性包茎ですが、普段亀頭が包皮に隠れていても、勃起することで露出します。本人が不都合を感じていなければ、特に治療の必要はありません。入浴の時にきちんと洗って清潔にしましょう。真性包茎は包皮の出口が極端に狭く、手で剥いても亀頭が外に出ません。包皮と亀頭が癒着している場合もあります。深刻なのは衛生上の問題で、亀頭の周りをしっかり洗えないため不潔になり、尿路感染症や陰茎がんを発症することもあるのです。勃起すると包皮が引っ張られ痛みを感じることもあり、性交を困難にします。嵌頓包茎は早急な処置が必要です。出口の狭い包皮から無理に亀頭を露出させたことで、亀頭が締め付けたられた状態になります。放っておくと亀頭が壊死してしまうことがあります。

どんなふうに治すの?気になる手術

包茎を解決するためには手術する方法があります。受診するのは泌尿器科か美容外科で、どちらでも手術が可能ですが、より自然な仕上がりを期待される方は美容外科がおすすめですね。重度の嵌頓包茎と真性包茎の場合に泌尿器科で手術を受ければ保険適応となり、そのほかは保険適応外です。手術では患者さんの希望を聞いたうえで、余分な包皮を切り取り、目立たない部分で縫合します。日帰り手術が可能な場合が多く、こっそり手術したい人には助かりますね。手術後の運動や飲酒、性交については医師の指示に従いましょう。費用は保険適応外のためクリニックによって変わりますが、20万円前後の場合が多いようです。納得のいく治療で体の問題はもちろん、心の負担を取り除き、自信をもって日々を送りましょう。

包茎とは、男性器が皮をかぶっている状態です。成人する前には治療をした方が良いでしょう。なお日本人に最も多いのは仮性で、通常は皮をかぶっていますが勃起すると皮がむけている状態です。