もうメイクから解放される!?アートメイクのすごさ

刺青と似ているようで違う

毎日毎日化粧をするのって大変ですよね。肌が華麗で衰えていくと、化粧の乗りも悪くなってしまいます。これらの二つの問題をまとめて解消することができるのが、アートメイクなのです。アートメイクは針を使ってメイクを施すように肌に着色することで、3年間はきれいな仕上がりのままでいられるんです。刺青だと一回入れてしまうとずっと消えませんが、表皮から0.02mmくらいのところに入れるアートメイクは時間とともに薄れていきます。

安全性はどうなの…?

メイク崩れなどもなく、きれいに仕上げることができるので本来の美しさを引き出すことができるとされるアートメイク。でもいくらきれいで普段のメイクから解放されるとはいっても、安全性が高くないとやりたくないですよね。その点は医師が施術するので安心してもいいでしょう。使用する機械は清潔ですし、肌へのダメージも最小限になるように設計されています。アートメイクに用いる色素も、FDAから認可されているものを使っているんですよ。

どこにアートメイクできるの?

アートメイクをすることができる部位は、眉毛とアイラインや唇などです。眉毛やまつ毛のボリュームがなくて顔の印象が薄くなってしまっていることに悩んでいる人や、唇に輪郭をはっきり作ったり、厚みがあるように見せたい人にもいいですね。汗でメイクが崩れやすい人にもお勧め。カウンセリングをして、どんなデザインがいいのか医師と一緒に決めていきます。施術は一回だけでは色素が足りない場合もあるので、二回行う場合が多いようです。

クリトリス包茎では、包皮内に汚れが溜まるなどの悩みを持つ人が多いですが、適切な治療によって衛生状態を改善することで、悩み解消につながります。